59.8月中旬の活動記録
 11日はラジオ体操の会場まで行ったが小雨で中止となり帰宅する。庭の水鉢には蓮の花が咲き、お盆が近いことを感じさせた。午前中は視察の片付け等を行い、昼間にエザワフルートランドのイベントに行くつもりだっが娘の熱が高いので中止し、私的に休日を楽しんだ。
 
 12日は朝から雨なのでラジオ体操は中止と判断して早朝読書を行う。午前10時から親戚の新盆に顔を出し、午後からはHPの更新や家の雑務を行った。
 
 13日は万石会場でラジオ体操を行った後、トライアスロンの練習をしている一団と供に大貫海岸まで自転車で走り、スイムの練習をしている間は今年初めての海水浴を楽しむ。復路も自転車で帰ってくるが、久々に自転車に乗ると身体が鈍っていることと、お尻が痛くなる事に気が着いた。
 帰宅して水のシャワーを浴び、午後からはお盆の迎え火を行い、子守をして過ごした。
 
 14日は久津間会場でラジオ体操を行った後、朝日庁舎に行って土木課と打合せ、10時から港まつりの修祓式に参列した。直会の後に会派会議を行っているうちに雨が降り始め、車を置きに帰宅した。
 自宅で少し仕事を片づけてから傘を差して江川バス停に行き、午後4時18分のバスで街中に移動し、やっさいもっさいの開始を見守る。午後5時を回ると雨も上がり、オープニングイベントや踊りの時間には爽やかな天候となっていた。事前に設営に回った人達は雨の中で大変だったと苦労を察して帰宅した。
 
 15日は岩根4丁目会場でラジオ体操を行った後、午前中は子供を江川運動公園に連れていき芝の上で歩き回らせた。昼から中耳炎の診察で病院に行くと雨が降り始める。夕方の花火大会は大丈夫かと心配になるが広報無線は花火を実施すると伝えている。午前中だけ仕事に行った妻は義母達を連れて花火を見に木更津に向かっているのでカッパを購入しておくように伝える。午後5時に会場に向かうと連日の奇跡で雨が止んでいる。時折細かな雨が降ったが花火鑑賞には問題なく、今年も綺麗な花火を妻のお母さん達に見せることが出来て安堵した。
 
 実行委員長である商工会議所の鈴木会頭か、渡辺市長か、市民の多くの日頃の行いが良いのかは定かではないが、連日の綱渡りのような天候にはハラハラさせられる。義母を金田バスターミナルへ送ってこの日は役目を終え、自宅で花火の余韻に浸りながらワインを楽しんだ。
 
 16日はうっかり寝過ごしてラジオ体操と清掃ボランティアには行けず、翌日の委員会の準備のため駅前庁舎に行って議会事務局と調整を行う。帰宅後は質問の内容整理やHPの更新を行った。
 
 
 
 
 < 続く >