12.4月下旬の活動記録
 21日は7時に事務所を開け、資料の片付け等を行い、昼過ぎに妻とともに投票へ行く。その後は訪問客への対応等をして過ごす。
 午後8時に地元の役員が集まり、開票状況を見に来るであろう人達に向けて事務所を改造する。前回の確定は10:40に出たので早く結果が決まると思われたが、最終的に11:30の発表を待つ事に成ってしまった。前回より票と順位を落としはしたが、何とか改選を果たすことが出来て、選挙戦は終了した。
 
 22日は7時半に事務所を開け、娘を久々に保育園に送り届け、その後は事務所に搬入していた様々な備品を片付けながら来客対応や整理片付け等を行う。午後1時半から駅前庁舎で開催される当選証書授与式に列席し、その後は会派室に7人が集まり、常任委員会の配属などの諸調整をする。夕方に帰宅してHPの更新作業に取りかかり、夜は残業で遅くなる妻の代わりに娘を保育園に迎えに行き、父子家庭のように外食して帰宅した。
 
 23日は6時半から巌根駅で今回の選挙に対するお礼立ちを行い、帰宅して娘を保育園に送っていく途中で反対側の車線で通行止めを行いながらの事故対応現場を通り過ぎる。後ほど痛ましい事故が発生していたことを市役所からの情報提供で知ることになった。
 選挙管理委員会に「七つ道具」を返還して自宅に戻り、HPを更新してから、地域で支援をいただいた方へ挨拶に出向く。夕方は選挙で充分に誕生祝いをしてあげられなかった娘と、選挙で苦労した妻や妹と食事会を行い、久々のワインを満喫した。
 
 24日も朝の挨拶を行い、保育園に娘を送ってからは選挙の収支報告を取りまとめる。夕方は帰宅が遅くなる妻の代わりに娘を迎えに行き、夜は久々に絵本を読んであげたりして子守を楽しんだ。
 
 25日は先日の交通事故を受けて岩根小学校PTAが昨日より開始した通学見守り活動に協力し7時から50分ほど交差点に立った。警察車両も多いためか、速度超過の車両は少なかった。娘を保育園に送ってから駅前庁舎に行って諸調整を行い、次に朝日庁舎に移動して選挙の収支報告を提出した。
 昼前に帰宅して選挙の諸資料を整理して、HPの更新を行い、夕方は議員会主催の今期議員と新旧執行部による情報交換会に出席する。本来は3月議会の最終日に行われる恒例の会合だが、石川議員の事件のため選挙後まで繰越に成ったものである。勇退議員の内、住ノ江・篠崎・岡田の3名は欠席であるが、佐藤・滝口両議員と供に過ごせる最後の懇親会かと思えば感慨深い。
 
 26日は朝の見守り活動の後、娘を保育園に送ってから書類の整理や、選挙期間中に溜まっていた雑務をひたすら片づけている内に夕方になり、6時から始まるスポーツコミッションの総会と懇親会に出席する。今年もブルーベリーランが有り、またツールドちばが木更津発着で開催されるのでそれらを楽しもうと思う。また懇親会の席上で、ナイジェリアのオリンピックキャンプ地に決まったことが披露された。他の西アフリカ諸国の動向も気になるが、先ずは目出度い話である。
 
 27日は連休の初日であるが、まだ溜まっている雑務を片づけ、この日から休みになった娘を連れて図書館に本を返却に行き、夕方には岩根西地区社会福祉協議会の総会後の懇親会に出席した。
 
 28日は朝から富士山が良く見える爽やかな日だったので、朝から娘と供に袖ケ浦市の百目木公園に行って昼頃までゆっくり遊ばせる。他市の公園を遊び回ることで、我が市の公園には綺麗な芝生広場や大型遊具など、不足している事に気が付かされる。
 帰宅して着替え、午後2時から始まる江川区の総会に区の役員兼来賓として出席する。今年からプロジェクターでの説明があり、各組長さんにファイルで資料配布するなど新しい取組も行われている。
 
 会議の中で、転入してきた住民が自治会に加盟しないという問題が出された。消防団やゴミ置き場の備品等、互助の元に成り立つ多くの出来事があるのだが、近年では「お互い様」という意識が薄れて如何に節約できるかが賢い生き方だと勘違いされている。この問題は私を含め、多くの議員が取り上げているが、地道に理解を求めるしかないことが歯がゆい話である。会議後は自宅に戻り昼寝をしている娘の横で、久々に読書を楽しませていただいた。
 
 29日は空気の透明度の高い曇り空で、妻は都内で所用である。娘を連れて昼食のパンを買い、そのまま富津市のみなと公園へ行き、食事を挟みながら午後4時近くまで遊ばせる。夕方に帰宅した妻に娘を預けてHPの更新作業を行った。
 
 30日は朝9時に太田山に行き、例年取組をしてきた竹林の駆除活動を行おうとするが雨のため来月まで延期として帰宅する。娘の子守を行い、市内で所用を済ませ、日没後に娘を連れて妻の実家に移動する。平成最後の夜は義父や義母と義弟達と飲みながら過ごした。
 
 
 →
2019年5月上旬の記録