74.1月中旬の活動記録
 12日は娘を保育園に送ってから市内で所用を済ませた後に議長室で執務を行い12時から自由民主党木更津支部役員会に出席する。議題は千葉県知事選挙に自由民主党推薦で立候補する予定の関政幸県議に関し、立憲民主党が支援する熊谷千葉市長より知名度で劣っている事の挽回策等である。弁護士になり自民党の公募に応じて県議会議員になり議員発議で条例を策定した41歳の精鋭政治家だと解って貰うことが先ずは重要である。
 午後からは事務所でHPを更新して書類作成等を行う。外では冷たい雨が降っており山の方では雪になっているところもあるようだ。夕方には市内感染者が16人増えて251人に成ったことが伝えられ、夜の報道では緊急事態宣言が新たに2府5県へと拡大されることが解った。都内の新規感染者数は千人を下回ったが安堵できない状況は続いている。
 
 13日は千葉県南市議会議長会研修会が館山市で開催される予定であったが昨年中に中止が決まっていた。そこでかずさ四市議会議長会を木更津市役所で開催し新人議員の合同研修方法について相談する予定を立てたが緊急事態宣言の発出を受け充分な距離を保っての会議でも延期とした。そこで娘を保育園に送って市内で用事を済ませ帰宅後に政治団体収支報告書等を作成するなど私的な仕事に汗を流す。
 午後2時を過ぎて暖かくなる中で同僚議員の親族の葬儀に行き、夕方にHPを更新してから少し早めに家を出て娘を保育園に迎えに行く前に中ノ島大橋に登り日本製鐵君津工場に沈む夕日を眺めた。娘を連れて帰宅してタブレットを見るとこの日も3人の新規感染者が明らかになったことを知った。
 
 14日は娘を保育園に送ってから登庁し10時より副議長及び教育民生常任委員会の正副委員長とともにレクチャーを受け、健康推進課に新型コロナウイルス感染症対策係を設置しワクチン接種に向けた事務作業を進めることと、ワクチン接種の案内送付のためのシステム改修予算を専決処分したいことの説明が行われた。専決処分については他に緊急事態宣言を受けてアクアコインのクーポン販売を再度行う件も有るようだ。緊急事態宣言発令中にクーポンが使えるようだと飲食を奨励する効果になるのではと指摘したところ、後ほど経済部長がその様なことはないと説明に来た。他にも諸調整を事務局と行って午前中に帰宅する。
 自宅で昼食を執り、午後は自宅事務所でメールの整理や後援会報の作成等の手続きを行った。夕方にHPを更新して日没後の江川海岸で夕焼けを撮影してから娘を保育園に迎えに行く。
 
 帰宅してタブレットを見るとこの日も5人の新規感染者が明らかになったことを知った。感染経路や年齢構成を見るとこの日に明らかになった無症状の4人は12日に明らかになった感染者の家族と思われる。改めて家庭内感染が増えていることを実感した。
 
 15日は娘を保育園に送ってから事務所で確定申告作成に向けた準備を始め、昼前に市内で買い物等を済ませ、14時から江川業況同組合の臨時総会に出席する。議題は市内5漁業協同組合の合併に関する議案を含む12議案であり別室で県の職員が待機していた。正組合員24人中の18人が実出席、3人が書面議決で1人が委任状を提出する中で総会は始まり、合併については賛成多数を持って決定し、合併準備委員会委員選任等の議案も全て可決して総会は終了した。
 帰宅して事務所の室内を暖房で暖めながら昨年度の領収書類等の整理を夜遅くまで行ってからタブレットを見るとこの日も8人の感染者が明らかになった事を知る。県内でも5百人を越えて過去最高となり緊急事態宣言による感染収束にはほど遠い状況に歯がゆく思う。
 
 16日は午前中に事務所で雑務を処理しながらHPを更新する。
 
 
 
 
 
 < 続 く >