56.7月中旬の活動記録
 11日は家で仕事をしていると私の立て看板が草むらに捨ててあったという情報が入る。わざわざ届けていただいた物を見ると枠を綺麗に解体してあり、何らかの嫌がらせかなと気分が重くなる。午後も終日自宅で仕事をして済ませた。
 
 12日は午前中に私的な仕事を片づけ、昼から道の駅の工事状況を見に行く。想定通り柱や梁の建方が終わりそろそろ屋根工事に入るところであった。建物の外観はイメージできるようになったが、もっと完成型に近づいてから視察対象にした方が良さそうだと思う。
 午後2時になって袖ケ浦球場に行って高校野球千葉県大会における君津高校の初戦を観戦する。前の試合が長引いたようで予定より30分ほど遅れて試合が始まった。江川総合運動場に標準規格の球場が完成した際には木更津でも試合があるか、それとも照明設備がないことがネックになるのか等と考えながら、高校生の試合を見る。
 
 船橋古和釜高校相手に積極的な盗塁で試合をリードし、9-0で7回コールド勝ちとなった。気をよくして帰宅し、HPの更新を行った。
 
 13日は市内で各種の所用を済ませ、朝日庁舎で打合せを行う傍ら、待ち時間や午後から避暑に入った喫茶店で集中的に読書を行う。
 これは5月18日から行われた日本自治創造学会で講師を務めていただいた先生の著書をお茶の水の丸善で購入していたものであり、6月議会を終えてやっと読み終えることが出来た。概ね地方創生の原理に批判的的な論調であり、自治の基本について認識を新たにする勉強が出来た。
 
 14日は娘を保育園に預けた後、朝から一人で館山までドライブに行く。詳しくは
最近思う事に記載するが、館山市からも学ぶべき事は多くありそうだと感じて昼過ぎに帰宅する。市内で買い物等を済ませ、事務所で仕事を片づけ、夕方に迎えに行った娘の子守を夜まで頑張った。
 
 15日は朝3時に起床して出羽三山講に出かける西山区の有志の方々を見送りに行く。月山には
9年前に参加しているが、その後日程が自由にならず見送ってばかりである。それにしても「講」という文化が残っている事は素晴らしいと思う。
 見送った後で自宅に帰り、朝の涼しい内にHPの更新と旅行の準備を行う。8時半に岩根西公民館に行き、青少年育成協議会の主催する地域美化活動の開会セレモニーに出席し、直ぐに帰宅して車に荷物と妻子を積んで出発した。妻を都内で降ろし、妻の実家に子供を預ける。
 群馬県太田市に住む山仲間を拾ってから、高速道路で長野県に入り、この日は湯田中温泉に宿泊した。
 
 16日は涼しい志賀高原で夏山登山を楽しむ。
志賀山と笠ヶ岳に登ってから群馬県に抜け、観光客で混む草津温泉と工事の進む八ツ場ダムを見ながら友人を太田市に送る。連休らしく運転に慣れていない車が渋滞を引き起こす状況にウンザリしながら、妻の実家のある新座市に移動して宿泊した。
 
 17日は妻の実家を昼前に出発し、炎天下の暑さを感じながら木更津まで帰り、汗だくに成りながら荷物を車から降ろして野球のユニホームを積み君津市の緩衝緑地スポーツ広場に移動して君津市議会との野球の試合に臨む。前日との温度差に目眩がしながらも5回までの試合を終え、木更津が今回も勝ちました。
 夜には両市の議員がホテル千成で懇親を深め、様々な情報を交換しあい勉強になる時間を遅くまで過ごさせていただいた。
 
 18日は朝から港まつりの協賛金集めに市内を巡り、その後20日にオープンする八天堂きさらづのプレオープンを見に行く。午後は自宅に帰り翌日からの視察の準備をしながらHPの更新をした。
 
 
 
 
 < 続く >