大楠山 241m 神奈川県横須賀市
2020年06月20日登山:S井と2人
 
 コロナウイルスによる緊急事態宣言で登山を控え、宣言解除後も県境を越えた外出自粛が求められていたが19日には移動自粛も解除され登山解禁の時を迎えた。しかし、私は運動不足が激しく相方は足が故障気味であり、自粛が空けたと言って遠征するのも憚られるし有名な山で「密」になる事も避けなければと考え、対岸の三浦半島の最高峰を登ることにしようと決めた。暑い時期に低山なので最短で往復出きると思われる湘南国際村からのルートを選択し、朝8時半に自宅を出て9:39より歩き始めた。
 
 標高165mの駐車場から舗装道路を降りていく。途中で犬の散歩をしている人達とかと擦れ違うのは湘南国際村に近いためだろう。最初はマスクを付けて歩き始めたが、息苦しく汗が溜まるし擦れ違う人も付けていないし密では無いので外すことにした。ゴルフ場の横を抜けて標高85mまで降りたところで舗装は終わり登山道に入るのだが標識も階段も良く整備されており、10:12に到着した山頂には売店も置かれているなど、登山と言うよりハイキングのような山である。売店の横に展望塔が有って、その上からは半島最高峰だけに眺めは素晴らしく、富士山は雲の中であったが伊豆半島や大島、房総半島も良く見渡せ想像以上に満足する。山頂で10:26まで楽しみ、往路を忠実に辿って駐車場には11:04に帰り着き、簡単すぎた登山は終了である。
 
 プリンの名店で家族へのお土産を購入して横須賀に向かい、三笠記念公園の近くに車を停め、ドブ板通りを散歩して昼食にハンバーガーを食べてから港に行き1400円を払って13:30の船で猿島に渡った。
 東京湾唯一の自然島で軍の要塞としての遺産が残る猿島へは渡りたいと長らく思っていたのであるが、その為だけに横須賀へ行く気にも成らなかった所、今回の大楠山とのセットだと丁度良い。島に渡る船も昨日まではコロナウィルス感染防止で運行自粛していたという事でタイミングもバッチリである。甲板には多くの乗客が乗っていたが感染対策で定員を減らしているという事である。レンガ造りのトンネルを始め軍の遺跡に満足し、横須賀温泉で汗を流してから高速に乗り、アクアラインの上り渋滞を脇目にしながら午後6時に成る前に帰宅した。
No88 .2020/6-2020/10    ←No87No89→
日本を走る