津森山 336m 千葉県鋸南町
2019年05月10日登山:単独
 
 選挙も終わり連休中に登山でもと思いながら天候に恵まれず、元号が令和に変わった。少し仕事に余裕の出来た金曜日の天気が安定していたので半日休んで房総丘陵に汗を流しに出かけた。この山は昨年末に娘と登ろうと考え撤収したエリアでもある。館山道の拡幅工事を見学したり、寄り道しながら大崩集落を目指す。佐久間ダムから歩こうかとも思ったが午後からは仕事があるので津森山登山口の前に建つ集会所に車を停め、9:56より歩き始めた。 
 車道を進み牛小屋を過ぎた場所から山道に入って直ぐに津森山の頂に到着する。太平洋や浦賀水道を見渡せ、冬に来たら富士山も綺麗だろうと展望に感心する。写真だけ撮影して直ぐに下山し、人骨山の登山口まで車道を歩く。この山の標高は低いが三角点が有るので、名前の響きと供に興味がそそられる。道端にはシャガの花も多く気持ちよい。しかし登山口にはヤマヒル注意の看板があり、夏の房総の恐怖を味わう。ペースを上げて登り10:59に人骨山[292m]の山頂に到着する。浦賀水道の展望は更に良い。後はヒルに出会わないよう一気に下山して11:20に車へ帰り着いた。
 
 道の駅保田小学校に立ち寄ると、食堂のお姉さんが大崩の方で、ヒルが多い話と、吸われたら無理に剥がさず離れるのを待つのだとアドバイスを聞きながら早めの昼食を食べた。自宅に戻ってスーツに着替えながら体中を点検したが、幸いなことにヒルに襲われずに済んだようである。
富山(多分5回目) 350m 千葉県南房総市
2019年05月19日登山:W辺と娘と3人
 
 昨年の6月に篭ノ登山に登った友人が土曜日の夜に日本酒を持って我が家に訪れ当選祝いをしてくれた。翌日、少し酒が残った身体でリハビリ登山に行こうとすると3歳と1ヶ月の娘がついていきたいと駄々をこねる。既に5回くらいは登ったことのある富山をゆっくり歩く計画なので幼児を連れても支障無いかなと考え、子守を兼ねて登山する。ただし、何時でも背負えるように準備をしていく。
 
 木更津市内のパン屋さんで昼食を購入し登山口の駐車場から9:55に歩き始める。娘は直ぐにザックで背負えと言ったり、歩きたいと言ったり、家に帰りたいとも言い、序盤から苦戦を余儀なくされる。それでも伏姫の篭もり穴に着く頃には我々と一緒に歩くようになり、舗装道路の終点で登山道から降りてきた同じ年の女の子と擦れ違い、あの子は偉いねと私が褒めると競争心に火がついたのか張り切って登り始める。W辺にはリハビリにも成らないスローペースだが、私は娘が階段を踏み外したりしないかと落ち着かないし、時々は担いだりして結構ハードな登山となる。山頂周辺で鐘を鳴らして喜んでから展望台に着いたのは12:03で、往路に2時間以上も費やしてしまった。
 展望台の上でゆっくり昼食を摂り、令和の陛下が皇太子であった平成11年2月5日に登られた記念碑を見て12:30より下山を開始する。娘は暫く頑張って歩いていたが「疲れた」と言い始めたので背負い子に載せて暫く下山していると背中から寝息が聞こえてきた。余程疲れたのだろうと思いながら歩き続け13:40に駐車場に戻る。車のベビーシートに移し替えるときにも目が覚めず、木更津駅までW辺を送っていき、別れる直前に目を覚まして明るくバイバイをする娘であった。 
No86 .2019/5-2019/8    ←No85No87→
日本を走る