石裂山 879m 栃木県鹿沼市
2021年11月06日登山:S井と2人
 
 爆発的な感染拡大を受けてワクチン2回接種終了までは県外での行動を自粛せざるを得ないと考えているうちに秋になってしまった。私は10月10日に2回目を打ち、免疫量が期待できる10月末には国内の新規感染者数が急激に減ってきが、メジャーで混雑する山は避けて古峰ヶ原の帰りに食べた山菜の天ぷらが食べたいからと関東百名山である石裂山(おざくさん)に登る計画をS井と立てた。
 
 朝5時半にS井家に着くつもりで4時過ぎに自宅を出たが赤信号に出会わずに順調に進み30分も装着してしまいS井を電話で起こした。しかし京葉道路から道が混み始め、外環や東北道では渋滞に出くわし、加蘇山神社から歩き始めたのは8:37であった。因みに乗用車が8台とワンボックスのタクシーが停まっていただけなので快晴の土曜日でもそれほど混雑はしていないようだ。
 神社の前には平成4年に鹿沼警察署が出した3件の死亡事故も発生した本格的な登山道だと記した看板も有り,、安全を念じて参道を登り神社に参拝して無事を祈る。神社の左の小道を通って登山道に戻り、幾つかの社や苔むした網、数ヶ所の滝を見ているうちに9:04に分岐点に到着する。回遊登山コースは時計回りだから左に進むと直ぐに千本桂に着く。根本保護のため登山道が巻き道に付け替えられて近づけないが神秘的な木である。中の宮を過ぎると険しさを増し半年ぶりの山歩きには堪えるが、鎖や梯子は他の山で見ないほど立派なものであり、それだけ多くの事故が起きたのだなと感じさせる。
 岩棚の張り出した奥の院には9:36に到着。信仰の山の気配が濃い。この辺りから紅葉が見頃を迎え、稜線までの登りは少し楽になる。しかし稜線のピークの下りに連続した梯子が架かり、逆回りの登山者が居ると渋滞するだろうとか、アルミの梯子をここまでどうやって運搬したのだろうと興味は尽きない。石裂山の頂には10:38に到着し那須や日光連山を望む。日光の紅葉はより綺麗だろうが渋滞が想定され、この変化の多い山を選んで良かった。先を急ぎ最後のピ−クになる月山で大休止をとりおにぎりとオレンジジュースを飲んだ。前後して歩いていた2組のパーティもこちらの頂で休憩をとっていた。月山を11:11に出発して帰路に着く。下山路は途中に難しい場所もなく安全ではあるが見所もない。分岐の沢で冷たい水を飲み車には12:22に戻り着いた。コースタイムとさほど換わらない3:45を費やしたが、鈍った足腰を鍛えるには丁度良い山であった。
 
 車で麓の神社に移動して参拝すると「石裂山」の大きな額が飾ってあった。こちらに車を停めて登山している組も居るようだ。帰路の途中で南魔ダム展望台に立ち寄り堤体高さ86.5mになるロックフィルダムの盛り土開始前の工事現場を見る。ダムや付け替え道路及び周辺の河川からの導水路建設等を含み1,850億円の巨大プロジェクトは壮観であった。そこから少し回り道をして2年前に感動した「さか家」の山菜の天ぷらを食べに行って満足し、ついでにお土産に大根を購入する。
 下山後の温泉として、前回は栃木で入浴したが今回は小山思川温泉に変更した。露天風呂からの開放的な景観を見ながら足の疲労を揉みほぐし、最後は前回購入できなかった小山の酒を「道の駅思川」の売店で購入して日没直後の佐野藤岡ICより東北道に乗った。多少混んでいたものの往路のような渋滞にも遭うこともなくS井家には19時前に帰着し、自宅には19時50分に帰り着いた。ガソリン代は高騰しているもののハイブリッド車の燃費は良く、一人約1500円の燃料費と片道3610円の高速代でのコロナ第5波後の登山旅を終了した。
No91 .2021/11-2022/3    ←No90No91→
日本を走る